天井の下がり

だいたいのお家が天井高って2400が基本ですよね?
うちの場合もそうです。

うちの場合R+ハウスなので2400から2600にしても、かなりのコストアップになったのかな?
ここの差額をちゃんと聞かなかったのがアウトでしたね
R+ハウスの基準が2400でその高さで作ると、R+パネル(断熱材)等々、標準部材で出来るのでコストダウンにつながるというルールがあります。

2Fは大丈夫なのですが、1F(キッチンとリビング)については、天井が2400よりも少し下がる部分が出てきます。
キッチンの1部が2350。
リビングは、2340(最終的には2320にしないとダメらしい)。

5㎝と8㎝の下がり。
なんてことはないとは思う。ただ基本が2400で、一部が下がることによって繋がりは悪くなるからそれが気になっています。
慣れるもんかな?🤔

キッチンで下がる理由としては、アイランドキッチンにしたための、レンジフードです。
壁付レンジフードであれば、問題なかったのですが、アイランド用のレンジフードなので、排気ダクトの関係で、ですね。
排気ダクト周りが一部、下がります。

リビングの下がる理由は、元々、薪ストーブの前にあった柱を取るために、梁を太くするためにです。
これはしょうがないですよね。
あの柱がある場合となくて天井が下がるのでいったら、どっちを取るか?と言われれば、天井が下がっても、柱がなくなる方が良いですもんね

元々の基本設計が2600だったら、2500に全体を下げるにことによって違和感なかったんだけどなぁと😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です