洗面所の水栓

洗面所の洗面ボウルのつづきです。

洗面ボウルを大きくしようか?→わんこも洗えるようにシャワー付き水栓!
ということで、いくつか候補があがった訳ですが、3DCGでシュミレーションをしてみました🤩


普通のINAXのベッセルタイプとIKEAの水栓。キャビネットと天板も全てIKEAのものを想定。

これをTOTOのSK106の埋め込みボウルにして、水栓をカクダイの118-028にすると以下のようなイメージに

埋め込みなので、その分、高さが必要なので、底上げしてあります。天板はそのままということで。
逆に天板を厚くして、底上げはしなくても良いかもしれないけど、IKEAには底上げパーツがある(もともとキッチン用なのです)ので、それを使った方がコストは安くつくかな?
あとは、キッチン用の水栓になると高くなるので、その分、3面鏡とタオルバーを若干、高くしてあります。
天板をくり抜いたり、ベースキャビネットをくり抜いたりなどの手間はかかっちゃいますね😅

拡大図で比較してみると・・・

ついでに、三栄のEDDIESの水栓も

洗面ボウルと水栓の大きさはほとんど合っています。

キッチン用の水栓でも全く問題なさそう~。
カクダイのと三栄のとでは、高さは、カクダイの方が高いですが、吐水口は、カクダイの方が近いので、水栓自体を壁より離しても、問題ないです。


横からの比較画像を見ると分かりやすいんだけど、本体は、カクダイの方が前に出てるんだけど、吐水位置は、奥にいってます。
もちろん三栄のでも問題ないです。
カクダイの方が長くでっぱてってますが、スパウトが140°の角度で動くので、邪魔なときは、ずらせるし、取り付け位置をもっと壁際にすれば、全く問題なさそうです😘
ただそうすると、吐水位置が、もっと奥になるので、これぐらいが良いのかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です