ステンレスワイヤーフェンス

今日はバルコニーのステンレスワイヤーフェンスの下地をつける作業の立会いで現場にいきました。
元々は2Fバルコニーのフェンスは、ウッドフェンスでと考えていましたが、色々とあって、ステンレスワイヤーフェンスになりました。
※2Fバルコニーは、独立をしたウッドデッキと考えてからなのですが、最終的には、強度や防水等々の関係から、普通のバルコニーになったからです。

業者さんを選定をするのも凄く時間がかかり、2~3社さんにお見積をお願いをしたのですが、値段はピンきりでした。
今回、お願いをした伴田鉄工所さんの価格でも、自分が想定をしていたよりも、高かったです。
うーん、ワイヤーフェンスは、最初の建築家の先生との話のときでも高いですよーって言っていたけど、本当に高かったです
それでも、減額案を色々と出して貰い、また今日の現場では、気持ち良く作業をして頂いていたので、良かったです😊

最終的なイメージは

こんなイメージですが、ちょっと違いますね。こんなにもオシャレじゃないです😅
ウッドデッキになっていますが、ここは、防水FRPになるので、立ち上がりがあり、デッキの代わりにIKEAのRUNNENフロアデッキを使います。
これで20万円ぐらいの減額になります👌

ワイヤーは、2本ですが、上記画像の下側の板状のフェンスはありません。
最初ワイヤーは3本でだったのですが、柱の高さを低くすることによって、2本にして貰い、ここも減額になりました🙌


バルコニーの立ち上げ部分に柱を立てるための金具の取り付け。 この上にアルミの笠木が被ってきます。


バルコニーの間口が約8メートルですが、柱は3本入ります。
両サイドは、建物の外壁に直接、ワイヤーを取り付けをします。これによって、柱が2本少なくなり、これも減額になりました。
見た目的にも、5本よりも3本の方がすっきりとするので問題なしですね🤩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です