ガルバリウムが張られていました

久しぶりに現場にいってみると、いつのまにか、ガルバが張られていました。
うちが採用をしたのは、工務店さんがお勧めしてきたIGのガルスパンのSEiフッ素です。

黒!自分たちが希望したガルバリムだけど、周りの建物と比較をすると、浮いてる!
正面と南側の外壁は、白のジョリパット。黒と白のコントラストが良い感じになると・・・思います🤩

おおーと、見てみると、微妙なところがたくさん🤔

浮いてるし・・・😔


ここも・・・😔


ガタガタです。


穴あけもガタガタだし、コーキングも適当にしか見えない。
幸いここは、カバーが付くとのことで、見えなくなるので良いけども、見えなくなるとしてもこの仕事を見てしまうと、他の部分も不安になってしまいますね
写真を撮り忘れましたが、窓枠の納まりも微妙でした😣
これって施工クオリティ低過ぎだと思うんですが、どうなんでしょうか?
ガルバって施工が難しいみたいなのですが、これはプロの仕事じゃないでしょう・・・と思いました。
IGの施行例を見てみると、写真が小さいから判断が付かないけど、綺麗に見えるよ。

後から現場監督さんが来たので、一緒に見て貰いました。
IGの担当者に見てもらって対応策を考えるとのことでしたが・・・😧
ちゃんと自分もチェックをして、傷や凹凸があるところは、取り替えて施工をして貰うとか対策を取らないとダメそうです。

こうなったら、屋根の施工も怪しいなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です