1Fトイレの洗面ボウルの変更

1Fトイレの洗面ボウルは、当初から、INAXのGL‐555シリーズと決めていましたが・・・
ここにきて、変更です。

経緯としては、カウンターの奥行、GL‐555だと、奥行きが450もあるので、最低でも450必要で、当初の予定では、500を予定していました。
1Fのトイレは、2Fに比べて広いとはいえ、カウンターの奥行、500も必要か??
と、いまさらながらの疑問が。

と、この疑問にいたったのも、工務店さんのやり取りの中で、はっ!としたからなんですよね。

カウンターの奥行は、400で十分でしょ!
ということに・・・。

そうするとGL‐555は、使えない(使えないことはないけど、出っ張る・・・)
そこで、色々と違う候補を探してみる・・・、サンワカンパニーやアドバンなど

まてよ、、、混合水栓は、IKEAのものに決定してる。
じゃあ、IKEAの洗面ボウルは??
もともと、IKEAの洗面ボウルも候補に入れてたんですよね~ただ工務店さんが、IKEAは、組み立て精度に難ありで・・・と、最初、言っていたので、候補から外していたんです。
でも、キャビネットとか、ワークトップとかは、IKEAのものが断然安い。
本当に安い。

そこで、IKEAのものも大量に採用をすることに決定していたので、このタイミングでは、特に、何も言われませんませんでした。

バウハウスさんは、安くて良いものは、どんどん施主供給してください!というスタンスの工務店さんです。
※外構のウッドデッキやウッドフェンスの施工は、自分が見つけたカインドプランさんにお願いが決定します。
ここが他の業者よりも安いということで、紹介してください!と言われて紹介したら、さっそく、カインドプランさんを使ったとのことです!
決して大きくない工務店さん、このフットワークの軽さが魅力ですよね!
そしてカインドプランさんは、しっかりとした施工をしていて、良かったですよ!と聞きました安心しました!!

ハウスメーカーだと、こうはいかないですよね~。
電球関係も全部、施主供給です。60パーセント引きでネットで買ったから、かなり得してる

話を戻して、、、IKEAの洗面ボウルは、LILLÅNGENですね。
大きさは、40×41×13のものかな?

キャビネットも専用のを使って、両サイドに、ワークトップをつける感じになりそう。


混合水栓も上記写真のステンレスヘアライン仕上げのもの!
これで十分でしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です