サーモスタット制御

先日、購入した2台目のワインセラーですが、どうもサーモスタットが壊れいてるようで、設定した温度よりも低い温度で冷やされたり、表示温度がかなり高めに表示されたりと・・・。
先日は25℃以上の表示になり(セラー内は冷えている)、それが1時間も持続するとワーニング音が・・・。
販売元に問い合わせをしてみたら、すでに完売商品で部品もないため修理ができないらしい。
(中古で2014年製だけど)買ったばかりだし、何よりデザインが良いこと、カウンター下に入る大きさで選ぶと選択肢が少ないこともあり、冷やすことはできるので何とか使いたい・・・ということでサーモスタットを購入。
今は色々と出ていますね。
簡単に使いたいから

Amazonでこちらの商品を購入。
アース付きなのでこれを取ろうとしたけど、裏のネジが三角ネジのようで取れない・・・。
しょうがないのでそのまま運用。

余っていたコードで。

上から現在温度(セラー内にセンサーを入れて)
真ん中、この温度を超えたら、セラーの電源が入って、冷やすことになります。
下段、この温度になったら、セラーの電源が切れます。

こんな感じでセラー内の温度がバグってます😂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です