ドルビーアトモス!

去年末からドルビーアトモス化を計画していたのですが、本日、ついに実現!しました!

YAMAHAのCX-A5100の売れ行きが好調で納期が去年の末の時点で3月末でしたが、早くに納入されました。
今回の配線等は、引き続きトムテックさんにお願いをしました。
自分で全部やったら半日作業でしたが、約1時間ちょっとの作業時間で完了!ありがとうございました。


Before!

今回のシステム変更では
AVアンプ:YAMAHA RX-A3010 を CX-A5100+MX-A5000
プリメインアンプ:DENON PMA-2000RE を パワーアンプ:ONKYO M-5000R
スペースの問題でXBOX ONEを売却・・・です。

上記の変更で、SONYのHDDレコーダーはCX-A5100で再生になります。


CX-A5100とMX-A5000を繋ぐバランスケーブルは、Zonotoneの6NAC-Granster 3000A
フロントSPは、ONKYO M-5000Rで駆動させるため、そこはRCAケーブルでCX-A5100とM-5000Rを繋ぎました。
そのケーブルもZonotoneです。
トムテックさん、推薦品。CPが高いとのこと。


配線~。こちらも全部やって貰いました。
もちろん全部自分で出来るんだけど、半日以上、時間がかかりそうだったし、なんせ機材が重たいので、腰と腕に負担が・・・。


CX-A5100!


11CHパワーアンプのMX-A5000。
ただし、うちでは、5.1.4のドルビーアトモス、またフロントCHは、パワーアンプで駆動のため、7CH分しか使いません。

機材の高さが210㎜で、ラックの高さが220㎜・・・推奨設置寸法では、余裕のアウトなんだけど、しょうがないよね・・。
入って良かった。


パワーアンプのONKYO M-5000R。
フロントCHを駆動します。格好良い~。


After
スペースの都合上、ブルーレイレコーダーがSONYのHDDプレイヤーの上に・・・ここだけがアウトかなぁ。
まぁしょうがないですね。

これで当分、AV機器の更新はなしです!
プロジェクターも今のフルHD規格で十分綺麗と感じていますので・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です