薪ラックの追加

今年は2回目の冬。
去年は、約300本ちょっとの薪で細々と凌ぎましたが、今年は、ちょっと余裕をもって、もうちょっとたくさんの薪を購入しようと思っています。
そうなると、現状の薪ラックでは足りないので、追加で薪ラックを作りました🙌
人工地盤の上にと考えていましたが、結局は、下に持っていく必要があるので、それならば最初から下にということで、人工地盤の下に設置することにしました。
デッドスペースがたくさんありますからね~。

Beforeの写真があまりなくて・・・

なんか色々とありますが・・・。

作った薪ラックの部材は、単管パイプをと思ってたのですが、意外に高いのと、もしいらなくなったら、捨てるのが大変ということで、ホワイトウッドと赤松で作りました。
これなら、最悪、燃やせばよいですし👌
ホームセンターのユニディでは、2×2材が売ってなかったので、柱には、赤松を使いました。


奥側の薪ラック。
構造はネットで参考にして適当にです。
奥行は、薪が40㎝ぐらいなので、40㎝弱。ちょうど薪を置く箇所は、35㎝にしています。
高さは、赤松の規格で200㎝です。幅は、110㎝。
これで何本入るのかなぁ?


階段部分の薪ラック。
階段もデッドスペースだったので、階段の形状に合うように作りました。
これで無駄なスペースが少なくなった~🙌


ちょっとだけアップ。21㎝の段差があるので、ほんの少しのデッドスペースができるけど、そこにも置けますね。
ここにも何本はいるのかが未知数・・・。


階段前の手前のスペース。
合計4つの薪ラックを追加しました🤩

これと以前に作った薪ラックと合わせて、何本入るかな?
ちなみに、上の写真の右側の白い棚は、IKEAの棚の使い回しです。ここにも薪を置けますね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です