門柱の失敗その2

関東地方は雨です・・・
雨が降って、またVikに傘を掛けておいて分かった失敗・・・。

Vikが雨に濡れてる~・・・😂


上は曇りのときの状態。雨のときの写真は撮っていません・・・。

ここに傘を掛けておいて、今日の朝に見たら、塗れてた・・・。
はっ!として、上を見てみると、軒とほぼ同じ位置にVikが。
あーあ、やっちゃったよ😅

元々のこの玄関前のタイル部分って、建築家の先生の案では、軒下よりも中にあったはず。
図面を見てみると、軒は、柱の中心から1365とありました。
たぶん元々の計画だと1200ぐらいだったはず。そうすると、Vikに雨があたるのは少なかったと思う。
結局、横なぶりな雨だとタイル全体が濡れるぐらいになっちゃうんだけどね。

1200なのを1300にした理由は、1つ。
宅配ボックスを右側にレイアウトした案からです。
100だけ広くしたのは、玄関ドアとの兼ね合いです。1200でも宅配ボックスがあたることはなかったんだけど、十分なクリアランスを取るために1300にしました。
ただ最終的には、宅配ボックスは、左側にレイアウトしたため、1200でも十分だったんですよね。
最終的に位置変更をしたのは、RCを打ってからなので・・・もっと早めに宅配ボックスの位置変更をしていれば・・・と。

タイルも300角だから、1200だと4枚で済むのに、1300だから、中途半端な感じに・・。

広いことにこしたことはないんだけどね・・・😔

ちょっと軒下との関係性まで、しっかりと最後まで把握できてなかったです。
Vikの取り付けを含めたトータルデザインも自分で考えて、これで良い!と思っていたのにねぇ~。

オープン外構の場合、雨ざらしの郵便ボックスとかもあるから、まだましかな?!
ちょっとの横なぶりな雨でもアウトは、アウト!ってことで考えるしかないですね。

Vikを家側につけるのは、躯体に穴あけるからあんまりやりたくないしねぇ。
おしゃれな傘立てを買うかなぁ~。
SICの中にも傘立てはあるけど、塗れた傘を家の中に入れるのは、ちょっと・・・ね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です